50代の頭皮問題|薄毛が進行する前に対策をする

専門のところで悩みを解消

生え際の確認

50代になると身体的なさまざまな悩みを経験しますが、薄毛は代表的なものとなっています。コンプレックスを感じている方もいらっしゃいます。しかし、薄毛を専門的に取り扱っているところで、しっかりと分析と指導をしてもらうことで解消できることも多くあります。積極的に活用して薄毛の悩みを解消しましょう。

もっと見る

中高年の発毛促進の方法

悩む女性

50代になると、若い頃は髪の毛がふさふさだった人も薄毛になることが多いです。薄毛の原因はいろいろありますが、男性ホルモンの過剰分泌や頭皮の皮脂などが主な原因になります。50代の人が発毛促進するには、育毛剤を使用したり、AGA治療薬の投与などの方法があります。いきなりAGA治療薬を投与しても構いませんが、まずは育毛剤を使用してみることをおすすめします。育毛剤の中には第一類医薬品に属するものもありますが、ほとんどの育毛剤は医薬部外品です。50代の人はまず医薬部外品の育毛剤を使用してみて、育毛効果を確認してから第一類医薬品の育毛剤を使用するのが最適です。いろいろな育毛剤を使用しても薄毛が改善されなかった時には、AGA治療薬の投与がおすすめです。

50代になると基礎代謝が低下して毛母細胞の働きが弱くなるため、抜け毛が増えてきて薄毛になる人が増加します。体質的に男性ホルモンの分泌量が多い人は、普通の50代の人よりも抜け毛の量が増える傾向があります。男性ホルモンの過剰分泌が原因の50代の薄毛は、男性ホルモンの分泌を抑制することによって、発毛促進につながります。男性ホルモンの過剰分泌を抑えるには、薬用育毛剤の使用やAGA治療薬の服用などの方法があります。発毛効果のある薬用育毛剤は、薬事法の規定で第一類医薬品に指定されています。第一類医薬品の薬用育毛剤には発毛成分のミノキシジルが配合されており、発毛促進につながります。ミノキシジルはAGA治療薬にも配合されている発毛成分ですので、50代の人でも発毛効果が期待できます。

年齢で髪を諦めない

女性

年齢で髪を諦める必要はありません。しかし、50代ともなると薄毛も深刻化しますので早めに適切なケアを行うことが大切です。自力で対策を行うのなら生活全般を見直し、改善していきましょう。早めに頭髪専門クリニックを受診するというのもオススメです。

もっと見る

中高年の自宅での育毛

長髪の女性

50代からはじまる薄毛は外的な要素が影響しているケースが目立ちます。その為、日常的なセルフケアが効果を発揮するケースも多くなるのです。よって、薄毛を進行させないためにも頭皮の血行や食生活に注意する事が大切です。

もっと見る